写真中央のつまみを左右へドラッグ(移動)してみてください。

築40年のお宅のセメント瓦屋根を軽い屋根材にリフォーム

  • セメント瓦
  • ガルバ材屋根
  • 軽い屋根
  • 岡山屋根リフォーム
  • シルキーMF
種別
一戸建て
施工期間
10日間

岡山市北区宿 M様

165万円(税込)

リフォーム内容

築40年のお宅の屋根のリフォームをしました。
以前の屋根は今はセメントでできた材質の瓦でした、長年の劣化により雨もりがしていました。

まず現在のセメント瓦を降ろして、傷んだ屋根の下地を補強するために12㎜のコンパネの板を前面に貼りました。
コンパネ板を貼ることにより、屋根全体が頑丈になることと新しい屋根材が強固に固定できます。
その上に、防水性のゴムのルーフィングをひきます。もしも屋根材の下に雨水がはいっても、これで安心です。

そして、日本瓦の1/10の軽さのガルバ材の屋根を施工しました。
屋根全体が軽くなることにより家が地震につよくなります。また、見た目にもすっきりした外観になりました。
傷んでいた雨どいも変えると、大雨や強風を伴った雨でも安心して暮らすことができます。

施工データ

屋根材 福泉工業 シルキーMF
屋根下地 コンパネ12㎜重ね貼り ゴムアス
雨どい パナソニック半丸とい(横) 丸とい(縦)
その他 カーポート波板交換
以前の屋根は平板のセメント瓦で、傷みもかなりありました。
古い瓦を撤去後、コンパネを重ね貼りして、ゴムのルーフィングをひきました。
新しいガルバの屋根材の施工中です。
2階の屋根の完成写真です。
とても、すっきりとした屋根にかわりました。
1階の屋根にはベランダがありました。
ベランダの足の調整をして、新しい屋根材を施工しました。
完成写真です。雨どいも屋根と同じブラックの雨どいにしました。
とても、きれいですね!!
こんなに外観もかわりました。