お悩み

古くなり痛んだドアの交換はいくらでできますか? 開け閉めしやすい・使い勝手の良いドアってありますか?

解決策・アドバイス

小さなお子さまや高齢者・介護が必要な方でも開け閉めしやすい引き戸へのリフォームがオススメです

開き戸はその構造上、ドアを開閉するときの動作が大きくなるので、その際に体のバランスを崩しやすく、特に年配の方は体の負担になることも。場合によっては、転倒の原因となることがあります。
ですので、開閉スペースがさほど必要なく、どなたでも開け閉めしやすい引き戸へのリフォームがオススメです。

室内ドアとして用いられることが最も多い開き戸ですが、その構造上、扉の大きさの分だけ室内や廊下・通路に開閉スペースが必要になります。

また、ドアを開閉するときの動作が大きくなるので、その際に体のバランスを崩しやすく、特に年配の方は体の負担になることも。場合によっては、転倒の原因となることがあります。
さらに、車椅子生活をされている方であれば、開き戸の部屋の出入りは苦痛だと思われます。

ですので、開閉スペースがさほど必要なく、どなたでも開け閉めしやすい引き戸へのリフォームがオススメです。
現在のドア枠をそのまま使い、アウトセットドア(ドア枠ではなく壁面にドアのレールを取り付けるタイプのドアのこと。いわゆる「吊り戸」になります)にすれば、1日もあればリフォームできます。

開き戸から引き戸へと換えたときのメリットには、次のようなものがあります。

開き戸から引き戸へと換えたときのメリット
  • ドアを開けたときに、人にぶつかることがない
  • ドアを開けているときに、ドアがじゃまにならない
  • 続き間の場合、ドアを開けると隣の部屋と一体感か出て、開放的な空間となる
  • ドアを開けていると、家全体に風が通りやすくなる
  • 風で自然に閉まってしまうようなことがない
  • ただ、デメリットもあります。以下のようなものです。

    開き戸から引き戸へと換えたときのデメリット
    • 引き戸は気密性が低く、冷暖房が効きにくい
  • 音も漏れやすい
  • ドアを引く壁がないと引き戸にはできない
  • ドアを引く壁にスイッチやコンセントがある場合は、それらを移動しなければならない
  • 壁際に引き戸を引くためのスペース(ドアの厚み分)が必要にはなる
  • このように、どんな扉も開き戸から引き戸へ換えると良い...ということではありませんので、開き戸のままが良いか?引き戸へ換えた方が良いか?を良く良くお考えになるのが良いでしょう。

    開き戸からアウトセット引き戸(採光用ガラス入り)
    予算: 80,000円〜 / 工期: 1日